寮がある探偵事務所に就職するメリット

寮がある探偵事務所に就職するメリットとは?
寮がある探偵事務所に収縮するメリットは、家賃の安さや社員同士の交流、その他にも利便性という点で寮がある探偵事務所に就職するのにはメリットがあります。

就職先に選ぶ探偵事務所の条件に社員寮の有無


探偵事務所への就職活動では、地元の探偵事務所に就職するのではなく、依頼も多い都会の探偵事務所に就職先として選ぶ人もいらっしゃるでしょう。


しかし、都会に出て探偵事務所に就職するとなると、問題になるのは住む場所です。


東京や大阪のアパートやマンションの賃貸料は、地方の賃貸よりも費用がかかるため、安い賃貸物件を見つけることができるとは限りません。


就職してすぐは何かとお金もかかり、新しい生活のためには様々な物を買い揃える必要も出てきます。


そのため、賃貸物件を自分で借りるのではなく、会社が保有する社員寮に入るという方法で、出費を抑えるという方法があります。


探偵事務所のなかには社員寮を持つ探偵事務所も多数あります。今回は社員寮を使うメリットについてご紹介したいと思います。


社員寮がある探偵事務所に就職するメリット


社員寮がある探偵事務所に就職するメリットで、まず一番に思い浮かぶのは、賃貸料などの出費を抑えることができるという点です。


また、賃貸料の出費を抑える以外にも様々なメリットがあります。


賃貸料の出費を抑える

探偵事務所が保有する社員寮を使うことで、賃貸料などの出費を抑えることができます。


社員寮の賃貸料は探偵事務所から補助してくれる場合もあります。独身寮の平均的な賃料は2万円〜4万円ほどで、一般的な1Rアパートやマンションの一室を借りることができる物件から、複数の社員で部屋を借りる場合もあります。


また、部屋を借りる際の最初に必要な敷金や礼金を支払う必要もありません。


最初に払う出費も抑えることができるという点が、社員寮を使う大きなメリットです。


通勤にかかる負担が小さい

探偵事務所の社員寮に限らず、他の業種の社員寮でも共通するメリットとして、通勤にかかる負担が小さいというメリットがあります。


会社に出勤したり、家に帰る場合、通勤にかかる負担というのは思っている以上に大きな負担となります。


例えば、奈良で調査を終えた後、大阪にある会社に帰ってから報告書の作成を行うと仕事の終了は深夜になることもあります。


そのとき会社の近くに社員寮があれば、家に帰る負担は少なくなります。

探偵の仕事は、調査の依頼内容によって勤務時間が不定期です。


通勤にかかる負担が少ないというのは、大きなメリットとなります。


光熱費などの負担の軽減

社員寮に入るメリットに賃貸料の安さというメリットがある点は最初にご紹介しました。


この賃貸料の安さというメリットの他にも、光熱費などの費用の負担軽減というメリットがあります。


生活をしていると電気代、ガス代、水道代といった生活に最低限必要なライフラインの費用を支払う必要があります。


独身寮で一人部屋の場合、光熱費代をすべて負担する寮もありますが、複数の社員で部屋を利用する社員寮では会社が光熱費を負担してくれる場合があります


他の社員との交流

会社の独身寮では、他の社員と交流を持つことができるというメリットがあります。


社会人として、会社の同僚や先輩、後輩と適度な人間関係を構築するのは重要です。


会社内での人間関係が円滑になることで、仕事の効率は良くなります。


また、探偵事務所では調査員同士で連携して調査を行うことで、調査の成功率は飛躍的に高くなります。


そのため、社員寮で他の社員と交流することに大きなメリットが生まれます。

関連するリンク