どんな人が探偵に向いている?探偵に求められる素質とは

探偵に向いてる人は、どんな人ですか?
探偵の向いている人には、いくつかの素質があります。


探偵に向いている性格


・「忍耐力がある」
探偵は調査中に終了予定時刻から延長することも多いので調査が何時に終わるかわかりません。
また同じ場所に10時間以上張り込みをすることもあるので長時間の調査でも集中力を切らさずに働ける忍耐力が必要です。

・「社交性がある」
一見すると社交性は必要ない職業に思えますが探偵はチームプレイなので仲間との協力は不可欠です。
長時間の張り込みで近隣住民や店舗スタッフに怪しまれたときに社交性があれば探偵と気付かれずに回避することもできます。

・「気分転換がうまい」
気分転換をうまい人は、同じ場所での長時間の張り込みも苦もなく行えます。
一瞬の動きを見逃さないためには、このように集中力が途切れないような工夫を取り入れなければいけません。

・「多少のことでは動じない度胸がある」
尾行中にびくびくしている姿はとても目立ち、人の目には不自然にうつります。
対象者が突然後ろを振り返ることもありますが、想定外の行動にも動じずに通行人を演じなければいけません

・「コツコツと努力ができる」
調査に必要な撮影の技術や尾行の距離感は基本練習を何度も反復継続して体に覚えこませます。
派手なことばかりに目を向けるのではなく、地味なことをコツコツと繰り返し努力ができる人間はかならず一人前の調査員になれます。


探偵に求められる能力


・「体力がある」
朝から晩まで対象者を尾行したり、自転車を走って追いかけることもあるので調査には体力がいります。
連日調査が続いても体調を崩さないよう、普段からしっかりと基礎体力を付けておかないといけません。

・「車の運転技術」
車は調査場所へ向かうときに必ず使用するので運転が出来なければ仕事になりません。
さらに車両尾行をするには普通に走行するだけでなく、高い運転技術が要求されます

・「周辺視野が広い」
周辺視野を広くとると、周りの状況を一早く把握でき調査員との連携もスムーズに行なえます。
視野が狭いと視線が一点に集中するので対象者に視線を感づかれる危険もあります。

・「観察力と洞察力」
高い観察力があれば対象者の少しの変化にも気付くことができるので警戒行動を見過ごすことがありません。
また高い洞察力があれば対象者の次の瞬間の行動を予測することができるので尾行がスムーズに行なえます。

・「最低限の事務能力」
調査が終わると依頼者に提出する報告書を作成するので最低限のパソコン操作ができないといけません
調査員も調査技術だけでなく、最低限の事務仕事ができたほうがよいでしょう。

関連するリンク